名古屋市障害者差別相談センター

背景色
ふりがな
文字の大きさ

ご相談の例

こんなときはセンターにご相談ください

お店などの事業者から差別された

たとえば...

車いすの人に、店先で入店できないと断る
  • 施設の利用や習いごとの入会を拒否された。

  • バスやタクシーの乗車を拒否された。

  • 介護者がいないことを理由に入店を断られた。

障害を理由とした不当な差別にあたるかもしれません。

たとえば...

視覚障害の人に、店員がメニューを読み上げて説明する
  • 筆談や読み上げなどの配慮をしてもらえない。

  • わかりやすい表現で説明をしてもらえない。

合理的配慮の不提供にあたるかもしれません。

これまでの相談対応事例

センターで対応した相談事例の一部をご紹介します。(内容は個人が特定されないよう一部加工してあります。)

対応事例 (下記の項目をクリックすると資料を表示します)

その他、「障害者へどのような配慮をすればよいのかわからない」といった事業者からの相談にも対応しております。社員研修の一環として、センターの「出前講座」をご活用いただいた実績もありますので、お気軽にお問合せください。